心が疲れ果てた人へ…医師がオススメ「温泉で幸せホルモンが出ます」(女子SPA!)

仕事や家事に疲れ果てると、「あ~~~温泉行きたいっ!!」と叫びたくなる人は多いのではないでしょうか。今、温泉の健康効果、美容効果が注目を集めています。今回は温泉と「幸せホルモン」の関係について、『医者が教える最強の温泉習慣』の著者で、医学博士の一石英一郎先生が解説します。(以下、一石先生の寄稿)

◆脳波の変化から知る温泉のリラックス効果

「なんだか疲れた」「元気が出ない」――。そうしたメンタル面の不調を抱えている日本人がますます増えているように感じるのは、おそらく私だけではないでしょう。

 現代の日本人にとっては、身体だけでなく心のリラックスも重要であることは間違いありません。しかし、なかなか自分に合ったリラックス法を見つけられないという方もいるのではないでしょうか? そこで、私は“温泉”をお勧めしたいと思います。

「温泉に入るとリラックスして気分が落ち着く」。これは体感として誰でも感じられると思いますが、単なる気持ちの問題ではありません。学術的に定量化された研究成果も出ています。

 リラックス効果を測定する要素はいくつかありますが、まずはリラックス効果を「脳波」の観点から測定した実験をご紹介しましょう。

 北陸先端科学技術大学院大学で学生を使って行われた実験では、大学の近くの温泉に10分間入浴したときの脳波を測定し、入浴する前と比較したところ、脳の前頭葉でリラックス反応を示す「アルファ波」が優位に出ていました。逆に緊張状態を示す「ベータ波」は減っており、まさにストレスから解放されている様子が見て取れます。

 普段の日常生活をしているときには、前頭葉ではベータ波が出るものなのですが、温泉に入っていれば、覚醒しているときにでもアルファ波を出すことができるようです。

 前頭葉は「意思決定を司っている」とされる場所ですから、勉強や仕事を根詰めて集中したようなときには、温泉に入って頭をスッキリさせるといいでしょう。

◆音楽やアロマよりもリラックス効果が高かった温泉

 ちなみに、この実験では温泉だけでなく、リフレクソロジーや音楽、アロマなど、いわゆるリラックスに効果のあるとされる手法による脳波測定も行われましたが、もっとも顕著にアルファ波の反応を起こしたのは、やはり温泉でした。

 これらの方法のうち、温泉に似た脳波反応を得られたのは、足裏を刺激する「リフレクソロジー」でしたが、リフレクソロジーの場合、人によってはくすぐったくなり笑い転げてしまって、かえってアルファ波が抑えられてしまうという現象も見られたようです。このように、リラックス法には個人との相性もあるものですが、あらゆる人に共通して高い効果が望めるのは、温泉だけということがわかりました。

 温泉のリラックス効果を感じられるのは、人間だけではありません。なんと、動物も温泉でリラックスしているようなのです。2018年4月に京都大学霊長類研究所が発表した研究によると、長野県の地獄谷野猿公苑では、猿の約3分の1が冬になると湯に浸かる習慣があり、その排泄物を調べたところ、ストレス物質である「グルココルチコイド」の濃度が低下していることがわかったとのことでした。

 猿だけではなく、日本古来からの伝承では、白鷺、コウノトリなどの鳥や狐、狼、鹿などの動物が温泉で傷を癒したり疲れを取ったりしているところを村人が発見したというものがあります。実は動物の世界でも昔から温泉は大人気のようですね。

◆自分ではコントロールしにくいイライラを、温泉で整える

 温泉のリラックス効果は、「自律神経」へのアプローチといった側面からも証明されています。熱い温泉に入ると、最初は交感神経が優位になり興奮したような状態になるのですが、徐々に落ち着いていき、逆に副交感神経が優位になることで、リラックス状態に変化していくのです。

 温泉が自律神経に影響する根拠のひとつは、温泉に含まれる“リラックス成分”によるもの。たとえば、カルシウムイオンを多く含む温泉に入れば、イライラを直接的に鎮めてくれることがわかっています。昔からイライラしていると「カルシウムが足りていないのでは?」と言われますが、医学的にも正しいことであり、私も医学部で教わったものです。

 カルシウムのほかにも、硝酸ナトリウムなど、戦前からすでに研究で明らかとなっていた鎮静作用をもたらす成分が温泉には多く含まれています。これらの成分が不足している人は、温泉に浸かることでイライラを抑えることができるかもしれません。

 脳波や自律神経など、イライラに関連する複数の要因を総合的にケアすることで、心からリラックスできる状態に整えていくといいでしょう。

◆温泉に入るだけで分泌する「幸せホルモン」

 最後に、温泉に入ることで、直接的に“幸福感”を得られる具体的なメカニズムを説明しましょう。温泉に浸かることで幸福度が高まることは、温泉療法専門医である早坂信哉先生により、6000人を対象に2012年11月から12月にかけて行われた大規模調査などによっても明らかとなっています。

 これは、温泉に首まで浸かって温まると、幸福感を高める2種類のホルモンが分泌されることによるものと考えられます。ひとつは、「なんだか気分が落ち込む」「元気が出ない」といった、いわゆる「うつ状態」を改善する「セロトニン」。セロトニンには、精神を安定させる効果が期待できます。

 加えて、温泉で得られる「オキシトシン」と呼ばれるホルモンには、ストレスを緩和し、幸せな気分をもたらす効果があるとされています。最近はオキシトシンがある種ブームになっていて、マザーズタッチのように触れることでオキシトシンを出すといったマッサージもあるようです。

 オキシトシンが活発に分泌される代表的な場面は、「子どもに愛情を注ぐ瞬間」とされています。赤ちゃんを愛おしいと思い、守りたいと考えるのも、オキシトシンの分泌が影響しているのです。

 したがって、子どもがいない方や、いたとしても反抗期を迎えるなどして関係が悪化してしまうと、愛情を注ぐべき対象がなくなるためオキシトシンを十分に分泌できなくなってしまうようですが、オキシトシンは、温泉に入るだけで簡単に分泌させることができます。

 以上、ご紹介したように、温泉には、リラックスして日頃溜め込んだストレスなど、いわば“心の毒”を解消するとともに、幸福感を得られるという、ほかでは得られない特徴があります。仕事など日常生活で疲労やストレスを感じる方は、ぜひとも温泉を利用してみてください。

【一石英一郎先生プロフィール】

1965年、兵庫県生まれ。医学博士。国際医療福祉大学病院内科学教授。日本内科学会の指導医として医療現場の最前線を牽引する一方、伝統医療と西洋医療との知見の融合にも造詣が深い。温泉入浴指導員の資格も有するなど、温泉を活用した健康増進にも精通する。著書に『医者が教える最強の温泉習慣』

株式会社ROCK-Yの50歳から始める男の筋トレ 体験談とネタバレがヤバいかも

株式会社ROCK-Yさんの
50歳から始める男の筋トレがネタバレされてる。

体験談とかもかなりあって、けっこうヤバイ感じですね。
これは、多くの人が実践しいるということかな。

ただこれだけ【良い効果】が出ている!なんて聞くと、
逆に【怪しく】感じてきてインチキとか疑っちゃうな

わたしが気になっているのはコレ・・・

効果が出る人もいるし、出ない人も当然いるわけですよね。

全額返金保証もあるのかな?!

とりあえず今回やってみようかな・・・ムムム

信じて、本当に大丈夫かな?

コメントは受け付けていません。