「キャンティ」の絶品ドレッシングを自宅で再現。簡単にできる永久保存版レシピ(女子SPA!)

ドレッシング問題、解決します。

 市販ドレッシングに満足できず、ドレッシング迷子になっている人はいませんか? (1)スーパーで目新しいテイスト、名店監修などにそそられて衝動買い→(2)味イマイチで最後まで使い切れず余らせてしまう、という残念スパイラルに陥っている人は少なくないはず。あー、この悪循環を断ち切れたら、どんなに幸せなことでしょう! その答は、“自作”にあり。実は、“自家製ドレッシング”の簡単コツを知ってしまえば、この悩みは一気に解決してしまうのです。

⇒【写真】永久保存版レシピはこちら

 そこで今回は、ドレッシングの美味しさで有名なイタリア料理店をお手本に、なるべく簡単に、特別な器材を使わずに作れる「最高においしいドレッシング」のレシピをご紹介したいと思います。

◆まずは、ドレッシングで有名な「キャンティ」の味を実食。

 まずはゴールを定めるべく、ドレッシングがおいしいことで有名な「イタリア式食堂キャンティ」で、感動ドレッシングを味わってみることに。

 こちらのお店は、イタリアの家庭料理を手軽に楽しめる全国規模(現在51店舗)のイタリア料理店。メニューの中には個性的なものもあり、中でも“特製ドレッシング”は、他店には真似できない独特味で、中毒者(熱狂的ファン)が増えているようです。気になるサラダを注文して出てきたのが、コチラ。

 食べてみると、確かにガツンとウマイ! このドレッシング、店主が創業前から研究を重ねて完成させた“魔法の雫”なんだそうで、16種類の素材を絶妙に調合して作られているようです。

 このドレッシングをどうにか再現しようと、ネット上では様々なレシピが公開されていますので、気になる方はチェックしてみるとよいでしょう。ただし、ここで必要なのは、「非常にたくさんの食材(たまねぎ、ニンジン、マスタード、りんご、アンチョビ・・・)」と「フードプロセッサー」。これを作るには、相当の気力が必要です。うー、もっと簡単に作りたいっ!!!

 ということで、このキャンティドレッシングのツボを押さえた“キャンティ風ミニマムドレッシング”を考えてみました。

◆キー食材は、「アンチョビペースト」、「卵黄」、「にんにく」

 レシピ検討の結果、キャンティドレッシングのおいしさを作り出す“スター選手”は、アンチョビ、にんにく、卵黄の3人が有力候補となりました。今回はフードプロセッサーを使わないので、アンチョビは“ペーストタイプ”になった便利品を使いましょう。ニンニクもおろしタイプで十分です。さあそれでは他の調味料も合わせた調合レシピをご案内します。生の卵黄を使うため、一度で食べきれる分量=卵黄1個分(サラダ2~3人分)を基本に作りましょう。

◆使う材料は7つ! なるべく一般的なものを選りすぐってみた。

【材料(サラダ2~3人分)】

おろしにんにく 小さじ1/4

卵黄 1個

アンチョビペースト 小さじ1/4

しょうゆ 小さじ1/2

オイル(オリーブオイル・サラダオイルなど) 大さじ2

酢(米酢・ワインビネガーなど) 大さじ1

糖類(砂糖・メープルシロップ・ハチミツなど) 少々

※実はキャンティドレッシングはほとんど酸味がありません。酸味を少なくしたい場合には、酢の分量を「小さじ1」としてください。

※慣れてきたら、各材料の量を調整して、自分好みに整えていくのがオススメです。

※スパイシー感やマイルド感を出したい場合は、コショウやマスタードを加えてみてください。

 作り方は簡単。材料をすべて合わせてしっかり混ぜるだけ! 特別なキッチングッズがなくても、箸を4本まとめて使い、グルグル攪拌(かくはん)すればOKです。

 出来上がったドレッシングを、サラダにたっぷりかけて召し上がれ! アンチョビが効いているので、魚介系サラダはもちろんのこと、シンプルなグリーンサラダや豆腐サラダなどにも好相性です。気になる方は是非お試しを!

<TEXT,PHOTO/スギアカツキ>

【スギ アカツキ】

食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

岩崎 雄一さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメントは受け付けていません。