髪だけじゃなく肌もつやつやに!?「低温ドライヤー」おすすめ2選(女子SPA!)

ここ数年、高価格ドライヤーが大人気ですよね。髪や肌がつやつやになり、肌にあてると顔やバストまでリフトアップするという、3万円のドライヤーを筆者が美容院で使ってみると、その効果に驚き! 温風をあてると、すぐに髪や肌の手触りが柔らかくなります。

 とはいえ、リフトアップ効果については、頬や口角が上がるものの、持続性はないように思いました。それに、3万円前後という高価格も気になったので、筆者は購入をあきらめることに。

 ところが今、もう少し安い価格、2万円未満で買える「低温ドライヤー」なるものも存在しているのです。今回は低音ドライヤーの魅力と、手頃な値段で購入できるおすすめ2選を紹介したいと思います。

◆そもそも、低温ドライヤーってなに?

「低温ドライヤー」とは、温風の温度が60度から80度前後のもの。通常のドライヤーの温風は大体90度~120度だと言われています。

 なぜ、低温が髪によいのか? 髪の表面はタンパク質でできた「キューティクル」と呼ばれるうろこ状のものが重なって、髪の内部組織を守っています。このキューティクルが髪のツヤや感触を左右しています。

 髪はタンパク質で出来ているので、高い熱ではタンパク変性を起こして硬くなり、キューティクルがはがれやすくなってしまいます。つまり、低音ドライヤーは髪の一番の大敵であるドライヤーの熱の問題を解決したドライヤーなんです。

◆「音がうるさい」「乾かない」という噂は?

「低音ドライヤー」は普通のドライヤーよりも髪の乾きが遅いと言われていますが、実際に筆者が使ってみたところ、やはり遅い……。でも、低温ドライヤーは一般的なドライヤーよりも髪に近づけてもOKなので、距離を近づけて乾かすと多少はスピードアップします。時間は多少かかりますが、許せるレベル。

 そして、「音がうるさい」という口コミもある「低音ドライヤー」。確かに一般的なドライヤーより音が大きい! とはいえ、髪が艶々つるつるになるためには、我慢できる程度だと筆者は思いました。この点は個人差があると思いますので、ぜひ一度使用してみて下さいね。

 また、保湿剤をたっぷりとつけた肌にドライヤーをあてると、保湿剤が肌に浸透し、しっとりもちもち肌に変化することも実感しました。リフトアップについては、肌にあてた直後は少し肌が上がったような気もしましたが、1日中続くリフトアップ効果は筆者にはなかったと思います。ただ、毎日使い続けると持続するリフトアップ効果があるのかも!? こちらも、ぜひご自分で実感してみることをオススメします。

◆遠赤外線とプロ仕様の風量

●エレクトロン(復元)ドライヤー HH-1128 <17,900円(税抜)>*編集部調べ

 遠赤外線ネガティブイオン(マイナスイオン)とプロ仕様の風量、2つの効果でキューティクルを整え、髪の毛に潤いとツヤを与えてくれます。

 岩盤浴などでも使われる遠赤外線は、早く温まる、肌の新陳代謝が活性化する、老廃物の排出を促すなどの効果があると考えられています。つまり、キューティクルを保護し、髪のツヤとコシを改善するばかりでなく、頭の地肌の健康にも役立ち、育毛効果があると考えられています。

◆水分を微粒子化し、髪内部まで浸透させる

2:エクステラ P-UPテラヘルツドライヤー<20,304 円(税込)>*編集部調べ

 80度の低音設計と、最新技術である超美振動P-UP波加工が施されたドライヤーです。超美振動P-UP波が毛髪表面の水分を微粒子化。この微粒子化された水分が髪内部まで浸透することで、保湿・ダメージケアをしてくれる他、髪表面のキューティクルを引き締め、手触りのよいツヤのある髪へと導いてくれます。ただ乾かしただけなのに、仕上がりはトリートメントのあとのよう。

「低温ドライヤー」について興味のある人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

コメントは受け付けていません。