「映像革命を起こす」C Channelがオーディションアプリを本格開始(Fashionsnap.com)

女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelが、パートナー企業とともに新会社mystaを立ち上げ、未来のスターを応援するオーディションアプリ「マイスタ(mysta)」のサービスを本格開始した。パートナー企業には、エフエム東京、産経デジタル、集英社、松竹、ソフトバンク、TBS、ポニーキャニオンの7社が参画。新世代のスターを発掘する動画プラットフォームを目指す。

スター発掘の流れ

 mystaはアイドルやボーカル、お笑い芸人などタレントが連日投稿する動画を楽しめるサービス。タレントはユーザーからの応援度合いでランキング化され、ランキング上位者にはテレビ出演など様々な活躍の場が提供される。またユーザーは、ファンルームを通じてタレントとのコミュニケーションをとることもできる。

 パートナー企業は、今後それぞれの特徴を活かした取り組みを行っていく。集英社は雑誌「セブンティーン(Seventeen)」と動画企画などを毎月行い、エフエム東京は7月から声のスターを探すオーディション番組を放送。産経デジタルはバーチャルYouTuber「Vtuber」などの発掘・共同オーディション企画を展開していく。ソフトバンクの榛葉淳 代表取締役副社長兼COOは「必需品となったスマートフォンをより幅広くユーザー視点で使ってほしいという思いと、森川社長の熱意に賛同して参画することにしました。ソフトバンクが持つノウハウを活かし、媒体を通じたプロモーション企画を遂行していきたい」と経緯と目的を説明している。

ちょっと不安があるんだよね。

口コミで見る限りでは、
良い評判もあるし
さっそく試したいけど・・・どうなんだろうね?

わたしが気になっているのはコレ・・・

実践者の口コミや評判って
何か安心感があって、
基本的に効果については肯定する声が多かったです。

あまり良い口コミばかりだと
胡散臭いけど・・・やってみようかな

コメントは受け付けていません。