ゼイン・マリク、マネジメント会社から契約解除!(ELLE ONLINE)

2015年にワン・ダイレクションから脱退したゼイン・マリク。それ以来、マネジメントは「ファーストアクセスエンターテインメント」の経営者サラ・スタネットが担当していた。でも先週スタネットはゼインとの契約を突然解除! スタネットは「人生にはみんなにいい変化を与えるために、難しい決断を下さなくてはいけないときがある」とコメントを発表していた。

【写真】電撃破局!ゼイン・マリク&ジジ・ハディッドの愛の軌跡を振り返り

新聞「ザ・サン」によると解除はスタネット側が決めたこと。つまりゼインはクビになってしまったも同然! 関係者曰く「スタネットはこの2年間、ゼインとの関係がうまくいくように努力してきた。でもゼインは頭に血が上ってしまって、暴言を吐くことが度々あった」。先月ジジと別れてからは暴言がさらに悪化。関係者が「スタッフを言葉で虐待することもあった」というほどひどい状態だったという。

今回の契約解除についてゼインはまだ何もコメントしていない。2016年には不安の発作でコンサートをキャンセルすることもあったゼイン。最近のインタビューでは「この1年半で自信がついた」「今は自分にもっと自信を感じられる。やっていることに確信が持てるし、ファンにそれを届けたい」と語りファンを安心させていた。それなのに契約を解除されるほど暴言を吐いていたなんて! 改めて今後が心配。

コメントは受け付けていません。