染谷将太、市原隼人がツルツル頭でセクシー度全開!僧侶姿ベスト5(女子SPA!)

上映中の映画『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』で、修行僧・空海を演じている染谷将太。映画の評判とは別に、その姿について「可愛い!」「エロい!」「微笑みの爆弾!」などと絶賛する声が集まっているようです。

 ムダなものをすべて削ぎ落としているからなのか、「僧侶姿」は美しい男性の魅力をますます際立たせますよね。そこで今回は筆者の独断と偏見による「麗しき男性たちのセクシー僧侶姿」を集めてみました!

◆染谷将太――怪事件の謎を解く若き修行僧

 長め前髪の印象が強かった染谷将太ですが、この映画で「この子、こんなにセクシーだったっけ?」と、ハッとした人もいるのでは。サブタイトル「美しき王妃の謎」を、「美しき坊主の染谷」に変更しても違和感がありません。

◆市原隼人――主人公を守って戦うマッチョ美僧侶

 2017年の大河ドラマ『おんな城主 直虎』で、僧侶「傑山(けつざん)」を演じた市原隼人。凛々しく美しい小顔が、坊主頭でますます際立っています。傑山は武芸が得意で、直虎のボディーガード的な存在。鍛え上げられた身体で戦う姿に、「筋肉がヤバい」「イケメンすぎる」「傑山セコムを我が家にも」と釘付けになった女性も多かったようです。

◆尾上菊之助――男性をも魅了する、浮世離れした美坊主

 放送中の大河ドラマ『西郷どん』で、京都の僧・月照(げっしょう)を演じている尾上菊之助。その怪しい美しさに、男性である西郷どんでさえ釘付けになる描写が印象的でした。上品な京都弁がまた、色っぽいんです! ところで敬語と衣装と髪型のせいなのか、少しだけ『ドラゴンボール』のフリーザ様を連想してしまったのは私だけでしょうか……。

◆スネオヘアー――ミュージシャンが熱演した、歌う僧侶!

 2010年の映画『アブラクサスの祭』で、元ミュージシャンでウツ病患者の僧侶を演じた、本物のミュージシャン・スネオヘアー。僧侶姿でギターを持ち、ロック・ミュージックを奏でながらシャウトするライブシーンが印象的でした。ちなみにスネオヘアーとともさかりえの結婚は、この映画で夫婦役として共演したのがきっかけだったそうですね(すでに離婚していますが……)。

◆本木雅弘――思い切りコメディなのに、イケメンすぎる僧侶

 1989年のコメディ映画『ファンシイダンス』で僧侶役を演じた、モックンこと本木雅弘。ロックバンドを組んでチャラついていた“今時の若者”主人公が、家業を継いで田舎のお寺で住職になるべく修行をするという物語。竹中直人や大槻ケンヂ、彦摩呂などの濃ゆいキャストに囲まれたドタバタコメディーの中、本木雅弘のイケメンぶりが光っていました。

 ツルツルの坊主頭って、どうしてあんなにセクシーなんでしょうね。メイクも(ほぼ)なしで、髪の毛まで無くなってこの美しさ……僧侶姿が似合う男性はやっぱり、イケメン中のイケメンだと思うのです。

公式ページに書かれている
『お客様の声』とか『モニターさんの成功例』とかが
あまりにもウマくいきすぎっ!!!って印象

わたしが気になっているのはコレ・・・

実際の効果が気になるのは事実なんですけど

やっぱり、ネットの商品って
たまに詐欺商品ありそうだし・・・
騙されたくないでしょ。

福村 秀明さんは実績ある人みたいだし
大丈夫なのかな。

どうしよう~
チャレンジしてみようかな。

コメントは受け付けていません。