旅行の持ち物が多くても「袋分け」で時短パッキング術(日経ウーマンオンライン(日経ウーマン))

楽しいはずの海外旅行ですが、悩ましいのは荷造り。アレもコレもと入れていたら、「スーツケースが閉まらない……」という経験をしたことがある人も多いのでは? そこで今回は、旅慣れている読者のパッキング術を公開。仕事でもプライベートでも海外に行く機会の多い宮本紗絵さんに、スーツケースの中身を見せてもらいながら、荷造りの方法を伝授してもらいました。

【関連画像】機内に持ち込むリュック。貴重品はここにまとめます。右のアイテムは、座席のテーブルに引っ掛けて使うハンモック式フットレスト。足のむくみ対策のために機内に持ち込む

宮本紗絵さん(30代)

【仕事】観光業、ハワイのPR&マーケティングを担当

【年間渡航回数】年9~10回(年3~4回のハワイ出張を含む)

【旅行歴】社会人になってから、イギリス留学の経験あり。この時に、ヨーロッパ各国を訪問。旅はアジア圏なら3泊4日、ヨーロッパなら1週間~10日くらいが多いとのこと。2017年の渡航先は、台湾、アメリカ(ハワイ、サンフランシスコ)、カナダ、タイ、クロアチア、イギリス、オーストラリア。

●スーツケースはファスナー式を愛用

 ハワイのPR業務に従事していることもあり、仕事でもプライベートでも海外に行くことの多い宮本さん。大きなスーツケースでたくさんの荷物とともに旅行するにもちょっとしたコツがあるといいます。今回は、出張2週間分のスーツケースの中身を公開してもらいました。

【どんなタイプでも解決できる】みたいに言ってるのが
ちょっと【インチキくさい】感じがするのよね

わたしが気になっているのはコレ・・・

よく公式サイトとかに出ているモニターさんって
成功したから、代表例として出演しているわけで・・・
全員が【必ず】成功するとは限らないよね。

かといって
実践者のリアルな口コミを読んでると
かなり高い効果を実感できるみたいだよね。

信じて、試してみようかな

コメントは受け付けていません。